講師の先生を選ぶ基準

先生と生徒

ネイティブと日本人

「英会話学校に通うのであれば、ネイティブの先生に教えて貰わないと意味がない。」そういう風に考える人は多いです。しかし、これは半分正解で、半分間違いです。ネイティブの先生に教えて貰うメリット、デメリットがあります。また、日本人講師に教えて貰うメリット、デメリットもあります。それぞれのメリット、デメリットを知った上で、自分のレベルにあった選択をする事が大切です。まず、ネイティブの先生に教えて貰うメリットですが、ネイティブならではの感覚というものを持っており、きちんとした正しい英語からちょっと崩れた英語、きちんとした発音を聞くことができます。デメリットとしては、これは先生のレベルにもよるので一概には言えませんが、感覚で英語を理解している事が多々あるので、細かい表現を日本人がわかりやすいように説明する事が難しい事があります。また、初級者が英会話に慣れていないと、英語じゃなくて日本語で教えてほしいと思う時があります。そして、日本語で聞こうと思っても、ネイティブの先生が日本語を理解できないので、説明が難しいという事があります。そのため、初級者はネイティブの先生と相性が悪いことがあります。次に、日本人講師に教えて貰う英会話のメリットとデメリットを挙げます。まず、メリットですが、初級者が英語で表現できなくて困り果てた時に、日本語で聞いて、日本語で教えて貰うことができます。デメリットとしては、ネイティブの感覚を完全には身に着けていないので、レベルの高いところで間違った事を教えてしまうこともあります。前述したメリット、デメリットに加え、英会話学校の先生との相性もあるので、色々な先生に教えて貰い、自分に合った先生を見つけることが大切です。

Copyright© 2017 空いてる時間に英語を勉強|早朝の英会話レッスンを受けよう All Rights Reserved.